インフォメーション


未経験・フリーター・ニートのためのアルバイトの探しかた

フリーターのアルバイト探し

フリーターと学生がアルバイトを探す手段は同じです。

アルバイトを探す手段は大きく分けて求人情報誌とインターネットの2つになります。



最近では様々な場所に地域ごとのフリーペーパーが設置されています。

有料で求人情報誌を買うよりも、フリーペーパーを手に入れる方がお金もかからなくていいかもしれません。

有料の求人情報誌に比べてフリーペーパーは掲載されている情報がイマイチなんじゃ?と思ったあなた、心配は無用です。

タダでも掲載されている求人情報は非常に充実しています。

また、地域ごとに分かれてフリーペーパーがあるので、掲載されている求人情報もその地域のものが多く、学生さんのアルバイト探しには最適かもしれません。

インターネットでのアルバイト探しは、一般的に求人情報誌のウェブサイトやウェブ専用のアルバイト情報サイトを利用します。

登録制のサイトは登録すれば無料でアルバイト情報が見れ、応募もできます。

これが今もっとも新しくて一般的なアルバイト探しです。



就職活動中、求職中ならハローワークでアルバイトを探すのも一つの手です。

最近ではわざわざハローワークに足を運ばなくてもハローワークのウェブサイトで求人情報を閲覧できます。

ハローワークのウェブサイトは登録しなくても使えるので非常に便利です。



現在就職活動中で、その日の生活費を稼ぐためにアルバイトをしたいのなら、短期アルバイトがおすすめです。

登録制のところで空いている日だけアルバイトすれば、アルバイトと就職活動を上手に両立できます。

業種にこだわらないのであれば正社員登用制度のあるアルバイトを探すのもいいと思います。

業種によっては正社員登用制度をはっきり銘打っていなくても、バイトから正社員に昇格してもらえることもあります。



正社員には興味ない、一生アルバイトでいいというのなら、長期アルバイトを探す方がいいでしょう。

短期アルバイトを渡り歩くのもいいですが、社会保険の適用も難しくりますし、やはり落ち着かないと思います。

とはいうものの、一つのところで働き続けるのがイヤで正社員にならないという人には、長期アルバイトも苦痛ですよね。

そういう人は気ままに働ける登録制の短期アルバイトが最適だと思います。

いろいろなアルバイトを経験していくうちに自分に合った仕事に出会えるかもしれません。

人それぞれ自分に合った働き方があるので、自分に合った働き方をよく考えてアルバイト先を探しましょう。


フリーターでアルバイト

最近では正社員にならずにアルバイトで暮らすフリーターが増えています。

とはよく聞きますが、実際どのくらいのフリーターがいるの?

となると、「417万人」と答える人が非常に多いです。

417万人とは、2003年に内閣府が発表したフリーターの数で、NHKが放送したドキュメント番組のタイトルにも使われました。

ところが2006年に厚生労働省が発表したフリーターの数は187万人で、たった3年で230万人が正社員になったということです。



しかしこの数字には大きな違いがあり、内閣府と厚生労働省でフリーターの定義が違うために起きた現象です。

内閣府は正社員になりたくてもなれない「アルバイトで暮らさざるを得ない人」を含めてフリーターとしています。

しかし厚生労働省は、あえてアルバイトで暮らしている人だけをフリーターとしているそうです。



フリーターが悪く、アルバイトより正社員の方が偉いとは思いません。

仕事の出来に関しては正社員だからといってアルバイトより仕事ができるわけでもありません。

アルバイトだからといって仕事に不真面目で仕事が出来ないわけでもありません。

しかし、アルバイトよりも正社員の方がいろいろな面で楽なことは間違いありません。

保険、年金、税金、財形まで会社がやってくれる正社員と、それらすべてを自分で行わなければならないアルバイトでは一目瞭然です。

正社員は有給、ボーナスがありますが、アルバイトはどちらもありません。

正社員とアルバイト、仕事内容がそれほど変わらないのなら当然、正社員の方が得です。

もちろん、お金以外の価値を仕事に見出している人は有給もボーナスも関係ないですよね。

つまり、「あえてアルバイトで暮らしている人」と「アルバイトで暮らさざるを得ない人」との間に優劣をつける意味なんて全くないのです。



優劣をつける意味はなくても、両者のアルバイトの探し方が違いますから、区別する意味は、少なくともここではあります。

アルバイトをしながらも、いつか正社員になりたいと思っているのなら正社員登用制度があるところが優先です。

就職活動をする時間があるか、ないかも大きなポイントになります。

正社員に興味がないのなら、それらはぜんぜん無視しても全く問題ないですよね。

その代わりに、お金が欲しいならできるだけ長時間働ける仕事先を選んだ方がいいわけです。

また、夢を追っているなら夢に少しでも近づける仕事先を選んだ方がいいわけです。


未経験・フリーター・ニートのためのアルバイトの探しかた

バイトを選ぶときには、あなたにとってどんな条件が一番大切でしょうか?


例えを挙げると・・・


時給

勤務地

職種

1週間の勤務日数

短期なのか長期なのか?


などですね。


もっと具体的にイメージしてみると・・・


新宿周辺のオシャレな高層レストランで、週1~2日くらいの出勤で、ある程度長期にわたってウエイトレスがしたい!


とかですね。


ジョブセンスでは、こういった条件のバイトを簡単にクリック一つで探せるし、その場ですぐに応募できますので、とても便利で私もよく利用しています。


もし希望の条件がそんなになくても、とりあえずはジョブセンスでバイトを探してみて、少しでもよさそうだったらどんどん応募していくと、いいバイトにめぐり会えますよ。


バイトを探すときには、できるだけたくさんのチャンスを試してみるのが大事です(^^)


バイトを簡単に検索して、応募する方法

まずは下のリンクから、ジョブセンスのサイトに行ってみましょう^^


ボタンを押して、条件を色々指定して、検索すれば、すぐにたくさんのバイト案件が出てきます。


自分にあったバイトを探すコツは、少しでも興味があったら、とりあえず申し込んでみることだと思います。


例えば、エリアから探したりあなたの最寄り駅から探したり、人気の職種やブランドのお店から探したりと、色々できますよ^^


私も、たくさん応募して、今は居心地の良いバイト先を見つけて、長い間働いています^^


たくさん応募しても、しつこい勧誘などはありませんから、安心して応募できるもの気軽でいいですね♪


アルバイトをWEBで探す効率の良い方法

あなたのやりたいバイトをWEBで探してみませんか?


とても簡単にすぐに応募できますよ(^^)


オススメなのが、ジョブセンスの無料バイト申込みです。


私もこのサイトでバイトを見つけられました。


ジョブセンスでは、好きな条件から簡単にバイトが探せます。


時給1200円以上のアルバイトも簡単に見つかります♪


複合的な条件も指定できますし、簡単に探せますよ。検索も簡単です。


ジョブセンスには、5万件以上の業界トップクラスのアルバイト情報があります。


少しでも興味のあるバイトがでてきたら「詳細をみる」ボタンをクリックして、「今すぐ応募する(60秒で応募)」ボタンから氏名などを入力して、応募してみましょう。


もちろんWEBでのバイト申込みは無料ですから、ぜひ今のうちにどんどん利用していきましょう!


未経験・フリーター・ニートのためのアルバイトの探しかた

あなたに合ったバイトをインターネットで楽して探しませんか?

お部屋にいながらいつでも簡単にたくさんのバイトに応募できますよ♪

私の経験から、どんなサイトを使って、どのように検索して応募すればいいのかを説明しています^^


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ feed